借りてきた漫画を読み終えました。

どちらも、今後の展開が楽しみです。

 

 

職場の一日は、新聞を読むことから始まるのですが、

毎年、この時期はユウウツです。

 

時代小説が好きで、信長から家康の時代あたりのものを

よく読んでいたのですが、近代史は気になるものの、

触れてはいけない気がして、手に取らなかったのです。

 

映画化もされた、特攻隊を扱った小説を読んでから、

なんか、どっぷりです。

本木雅弘さんが出演していた映画は、

劇場で見てしまいました。

 

 

自分以外の人が考えることは、

自分には分からないものですが、

たかだか70年前の、

同じ日本人の考えていたことが、

全く理解できないのです。

 

単に「政治が狂っていた」という人もいますが、

冷静に状況を分析し、なんとかしようとした人も、

本当に「死ぬことが国のため」と考えた人も、

物語の中では描かれます。

 

あの時代を生きた人でないと、

あの時代を語ることはできないのかもしれません。

 

 

真実を知ることはできないのですが、

いまの時代、当時の事実を並べたものを、

手に取ることはできます。

 

時間がかかるかもしれませんが、

少しずつ、触れてみたいと考えています。

 

広告を非表示にする